電子マネーを利用した固定資産税のコンビニ支払いの手順

電子マネーを利用した固定資産税のコンビニ支払いの手順
固定資産税を支払う方法が多様化しており、その中でも特にお得な方法は、電子マネーを利用することです。
この節では、電子マネーを使って固定資産税をコンビニで支払う手順をご紹介します。
参考ページ:不動産購入 税金 固定資産税をコンビニで支払う際納付の注意点を解説!
電子マネーを使って固定資産税をコンビニで支払うには?
以下に、固定資産税を電子マネーを利用してコンビニで支払う手順を説明します。
1. 納税先の自治体で、固定資産税の支払いに電子マネーを利用できるか事前に確認しましょう。
自治体によって異なる場合がありますので、確認することが重要です。
2. 固定資産税の支払いに使える電子マネーを利用するためには、まずその電子マネーを登録する必要があります。
登録方法は、電子マネーサービスごとに異なりますので、所持している電子マネーの公式ウェブサイトやアプリを参照しましょう。
3. 登録が完了したら、コンビニに行きます。
コンビニエンスストアのレジで、固定資産税の支払いを申し出ましょう。
4. レジスタッフに固定資産税の支払いをする旨を伝え、電子マネーを利用したい旨も併せて伝えます。
5. レジスタッフが対応可能かを確認し、対応が可能であれば、電子マネーの決済を行います。
パスワードや指紋認証などを入力する場合もあるので、指示に従って操作しましょう。
6. 支払いが完了したら、レシートを受け取りましょう。
レシートには支払いが記載されており、確認のために必要になることがありますので、大切に保管しておきましょう。
以上が、電子マネーを使って固定資産税をコンビニで支払う手順です。
電子マネーはコンビニで簡単に納税することができ、さらにクレジットカードのポイントが貯まるなどのメリットもあります。
固定資産税の支払い方法の一つとして、ぜひ活用してみてください。

上部へスクロール