車内での飲食が原因の食べ物臭

ロングドライブやアウトドアをよく楽しむ方の車には、よく食べ物の臭いがつきます。
車の窓を閉めた状態で、香り高い食べ物を食べることが多い方は気をつけましょう。
また、食べ物をこぼしてしまっていることも知らずに起こるかもしれません。
そうすると、ダニや菌が繁殖してしまい、臭いの原因になります。
また、仕事帰りなど汗をかいたまま車に乗ることが多い場合、汗がシートに染みついてしまっていることがあります。
毎日の使用で、じんわりと汗などの体臭がシートに染み込んでしまい、車内の臭いの原因となります。
また、香水や化粧水などの強い香りも、買取査定に影響することがあります。
シートの材質によって吸収しやすいかどうかも異なるので、確認してみましょう。

上部へスクロール