瑕疵担保責任とは: 不動産取引における売り主の責任

瑕疵担保責任とは: 不動産取引における売り主の責任
不動産取引時には、売り主は瑕疵担保責任を負います。
瑕疵とは、建物の傷や地面のヒビなどの視覚的な問題だけでなく、売買契約時の情報と実際の物件の状況に差異がある場合も含まれます。
売り主は、瑕疵のある物件を売る際には、予期せぬ負担が発生しないようにする義務があります。
もし買い主が瑕疵のある物件を購入した場合、損害賠償を請求することができます。
参考ページ:契約 不適合 責任 責任範囲や注意点をわかり やすく解説
瑕疵担保責任から契約不適合責任への変更
2020年の民法改正に伴い、瑕疵担保責任という言葉は「契約不適合責任」という言葉に変わりました。
内容に大きな違いはありませんが、損害賠償請求などの方法に一部違いがあります。
したがって、これらの点についても理解しておくことが重要です。
隠れた瑕疵の種類とその例
売り主の瑕疵担保責任は、見た目では分からない「隠れた瑕疵」にも及びます。
これは、建物や土地の内部に存在する問題を指します。
売り主は、建物の傷だけでなく、内部の問題や構造上の欠陥などについても責任を負うことになります。
これは、買い主に公正な取引を提供するための措置であり、売り主は隠蔽や虚偽の情報提供を避けるべきです。
具体的な隠れた瑕疵の分類と例を挙げると、以下のようになります。
1. 物理的瑕疵: 外見上は問題がないように見えますが、内部に瑕疵がある場合です。
– 壁や床の内部に隠れた結露やカビがある場合。
– 配管の内部に隠れた破損や漏水がある場合。
2. 法律的瑕疵: 法律的な問題がある場合です。
– 建物や土地が法的に保護された地域にあるため、利用制限がある場合。
– 建物の築年数を虚偽に記載している場合。
3. 環境的瑕疵: 周辺の環境に問題がある場合です。
– 周囲に騒音や悪臭を引き起こす施設がある場合。
– 土壌汚染や地盤沈下のリスクがある場合。
以上が隠れた瑕疵の種類と具体的な例です。
売り主は、これらの問題についても責任を負うことを忘れずに注意する必要があります。

上部へスクロール