楽天ペイで固定資産税を支払う方法

楽天ペイで固定資産税を支払う方法
楽天ペイは、現在固定資産税の支払いに対応しています。
2023年4月17日から利用が可能です。
ただし、楽天ペイ以外の楽天サービスでは、固定資産税の支払いに対応しているのは、楽天銀行と楽天カードのみです。
ですので、楽天サービスを利用して固定資産税を支払いたい場合は、楽天銀行か楽天カードを取得する必要があります。
楽天銀行の口座を開設し、楽天のクレジットカードやデビットカードを持っている方には、固定資産税の支払いで楽天ポイントを貯めることができる方法があります。
具体的には、楽天カードを使用して固定資産税を支払うことで、ポイントを貯めることができます。
ただし、納税方法は市区町村によって異なるので、支払い方法は事前に確認する必要があります。
例えば、納税先の市区町村が提供しているウェブサイトで、クレジットカード番号などの必要事項を入力して固定資産税を納税する方法があります。
楽天カードを使用して固定資産税を支払うと、ポイントの還元率は0.2%になります。
ただし、支払った税金に応じて手数料が発生することにも注意が必要です。
納税額によって手数料が異なる場合があるので、納税額と手数料の関係を事前に確認しておくことをおすすめします。
なお、現在のところ楽天のサービスである楽天Edyや楽天ペイでは固定資産税の支払いはできません。
固定資産税の支払いでお得に楽天ポイントを貯めたい場合は、楽天カードを利用する方法が有効です。
また、他にも楽天デビットカードや楽天銀行の口座振替、楽天銀行のアプリやPayPayの「まとめて支払い」、au Payの「かんたん決済」といった方法もありますので、自分に合った方法を見つけて利用することをお勧めします。
参考ページ:不動産購入 税金 固定資産税の支払い方法はクレジットカードや楽天ペイも可能
楽天デビットカードの利用方法とポイント還元率の違い
楽天デビットカードをお持ちの方は、固定資産税の支払いにもご利用いただけます。
楽天カードと同じように、支払い方法はほぼ同じですが、楽天デビットカードをご利用いただくと、ポイント還元率が異なります。
楽天カードでは0.2%のポイント還元率でしたが、楽天デビットカードでは1%のポイント還元率が適用されます。
つまり、固定資産税を支払う際には、楽天デビットカードを使用する方がより多くの楽天ポイントを貯めることができるため、お得です。
楽天ポイントを有効活用してお買い物などにご利用いただくなら、ぜひ楽天デビットカードをご検討ください。

上部へスクロール