査定に影響する具体的な汚れ

具体的な汚れや減点数についてご紹介いたします。
「中古自動車査定基準」によると、内装に目立つ汚れがある場合は5点減点されます。
また、カードサイズ未満の汚れやシール跡、テープ跡、接着剤跡については10点減点されます。
さらに、異臭やタバコのヤニ、ペットの毛の付着などがある場合には40点も減点されることになります。
異臭には、タバコのヤニやペットの毛以外に、芳香剤の匂いも含まれるため、注意が必要です。
また、エアコンからのカビ臭や飲食物の臭いが車内に染み付いている場合も、減点の対象となる可能性があります。
車内クリーニングをプロに頼む場合、業者ごとの費用についてご説明いたします。
個人による清掃は難しい場合や、清掃する時間を確保できない場合には、プロへの依頼を検討することもあります。
その際、業者ごとの費用の違いはどの程度あるのでしょうか。

上部へスクロール