新耐震基準と旧耐震基準

新耐震基準と旧耐震基準の違いについて詳しく説明します
新耐震基準とは、建物が地震によって倒壊や崩壊しないようにするための最新の基準です。
この基準は、1981年6月1日に導入されました。
旧耐震基準に比べて、より厳しい要件が設けられています。
旧耐震基準は、1950年から1981年5月まで使用されていた基準です。
この基準では、家屋が震度5強程度の地震に対して倒壊や崩壊しないことを目標としていました。
ただし、より大きな地震が起こる場合についてはあまり考慮されていませんでした。
しかし、1978年に宮城県沖地震が発生し、建物の倒壊やブロック塀の損壊といった大きな被害が生じたことから、建物の耐震性に対する危機感が高まりました。
これを受けて、新耐震基準が策定され、より地震に強い建物の設計が求められるようになりました。
新耐震基準では、地震の揺れに対してより強い耐震性が求められます。
特に、地震の規模や地域によって設計に適用される制度が異なるため、詳しくは建築基準法や関連する規制を確認する必要があります。
建物の耐震基準を知る方法は、建物がいつ建てられたかを確認することです。
1981年6月1日以降に建てられた建物は、新耐震基準に基づいて設計されている可能性が高いです。
一方、それ以前に建てられた建物は、旧耐震基準に基づいて設計されている可能性があります。
耐震基準は、建物の安全性を向上させるために重要な要素です。
新耐震基準の導入により、地震による被害を最小限に抑えることができるようになりました。
建物を建てる際には、必ず耐震基準を遵守することが求められます。
参考ページ:新耐震基準確認方法|旧耐震基準と新耐震基準の確認方法とは?
新しい耐震基準の適用を判断する際には、建築確認日を確認しましょう
現在、新しい耐震基準は1981年6月1日以降に適用されるようになっています。
そのため、築40年以内の建物は基本的には新耐震基準に沿って建築されていると考えられます。
しかし、築40年近くの建物を借りたり購入したりする場合には、竣工日や築年月日だけでなく、建築確認日を確認することが安心です。
なぜなら、建物の実際の耐震性能は、建築確認申請が受理された日付に基づいて判断されるからです。
建築確認申請が受理されると、建築物の構造や設備が技術的に審査され、耐震基準に適合しているかどうかが判定されます。
そのため、建築確認日が新しい耐震基準の施行日以降である場合、その建物は新しい基準に沿って建築されていることが期待できます。
よって、築40年近くの建物を借りるか購入する場合、竣工日や築年月日だけでなく、建築確認日も確認しておくことが重要です。
建築確認日が新しい耐震基準の施行日以降であれば、その建物は新しい基準に適合している可能性が高くなります。
安心して暮らせる耐震性能を持つ建物を選ぶために、詳細な情報を確認しましょう。

上部へスクロール