新築一戸建て(建売住宅)を選ぶ際の立地のポイントと選び方

新築一戸建て(建売住宅)を選ぶ際の立地のポイントと選び方
一戸建てを選ぶ場合には、まず立地を明確にすることが重要です。
立地は、間取りや価格に大きな影響を与える要素であり、同じ予算でも駅から近いエリアと駅から遠い住宅地では、購入できる敷地の広さが異なってきます。
立地を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。
エリアと利用する路線
まずは住みたい都道府県を決め、その中で具体的なエリアと利用する路線を設定しましょう。
不動産ポータルサイトでは、エリア絞り込み機能を使って目的の駅や通勤・通学時間、乗り換え数などを指定することができます。
最大3つまで目的の駅を設定できるため、夫婦の勤務地や子供の通学先など、複数の条件を満たすエリアを探すことができます。
駅までの徒歩所要時間
エリアが決まったら、最寄り駅までの徒歩所要時間を設定しましょう。
徒歩所要時間は、目的地まで徒歩で移動する場合にかかる予想時間です。
一般的には、「1分=80m」という基準で計算されます。
ただし、徒歩所要時間の感覚は地域や個人によって異なるため、判断が難しい場合もあります。
しかし、最寄り駅までの徒歩所要時間は、日常の生活に大きな影響を与える要素であるため、快適な移動や利便性を考慮して選ぶことが重要です。
参考ページ:駐車 場 2 台 一戸建ては必須条件?新築住宅を探すときにはいろいろな条件から探そう
周辺環境と治安
立地選びの際には、周辺環境や治安も重要な要素となります。
近くには必要な施設や商業施設があり、生活に便利な場所であるかどうかを確認しましょう。
また、治安の良い地域であるかどうかもチェックすることが大切です。
警察の発表などを参考にして、安心して暮らせる環境かどうかを確認しましょう。
以上のポイントを考慮しながら、自分の希望に合った立地を選びましょう。
一戸建ての購入は長期にわたる重要な決定ですので、慎重な検討が必要です。
徒歩所要時間を設定する際には、自分の利便性を考慮しましょう
通勤や通学、そして買い物や外出の際に、移動距離がどの程度が快適であるかや便利であるかを考える際には、自分にとって最適な徒歩所要時間を決めることが重要です。
通勤や通学の場合、毎日必要な移動距離を考えると、徒歩での移動時間は短く取りたいと思うかもしれません。
もしくは、逆に移動時間を利用して散歩をしたり、音楽やオーディオブックを聴いたりと、リラックスできる時間として考えることもできます。
買い物や外出時には、近隣のお店や施設にスムーズにアクセスできることが重要です。
例えば、食材の買い出しでは、徒歩で数分でスーパーマーケットに行ける距離が理想的でしょう。
また、公園や図書館、カフェなどへの徒歩移動も、自分に合った時間範囲内で行える距離を意識することが大切です。
徒歩所要時間を設定する際には、自分の生活スタイルや嗜好に合わせて考えることが重要です。
自分にとって移動時間がストレスにならず、快適で便利な範囲を見つけることを目指しましょう。

上部へスクロール