名古屋市天白区不動産購入

名古屋市天白区の特徴
名古屋市天白区は、名古屋の中心部から南東側に位置している区です。
昭和50年に昭和区から分区独立して誕生し、名古屋市内で一番新しい区です(市の区の順番では16番目)。
天白区の原駅周辺はもともと湿地帯でしたが、地下鉄の延伸によって宅地開発され、人口が増えました。
当初は分譲マンションが乱立し、マンションが多く建てられました。
天白区は地形上丘陵地帯に位置しており、宅地造成工事規制区域に指定されています。
また、天白川が流れており、他の区とは異なる景観を持っています。
さらに、区の南東部には名古屋農業センターもあります。
天白区の土地の坪単価は比較的安く、若いファミリーが増えているのが特徴です。
参考ページ:名古屋市【天白区】中古マンション 中古一戸建て 土地 物件 購入
名古屋市天白区の住人は、トヨタ自動車関係の仕事が多いです
天白区には、多くの人々がトヨタ自動車関連の仕事に従事しています。
私が不動産売買業をしていた際に感じたことですが、この地域で特にトヨタ自動車関連の仕事をしている方が多かったです。
愛知県にある平針運転免許試験場
平針運転免許試験場は、愛知県にあります。
自動車免許証を保有している方々ならば、一度はこの試験場を利用したことがあるかもしれません。
名古屋市天白区の交通事情
名古屋市天白区には、地下鉄鶴舞線と桜通線が通っています。
地下鉄鶴舞線は名鉄と相互乗り入れを行っており、豊田市や犬山市への乗り換えなしでのアクセスが可能です。
名古屋市天白区で家を購入する際の重要な条件の明確化
名古屋市天白区での家探しを始める際には、まず重要な条件を明確にすることが重要です。
どの条件を譲れないものとし、どの条件は柔軟に対応できるものとするのか、はっきりさせる必要があります。
名古屋市天白区での販売物件選びにおける通勤や通学の利便性や日常生活の過ごし方の考慮
自分に合った家を選ぶためには、名古屋市天白区の販売物件の通勤や通学の利便性、日常生活の過ごし方などを考慮する必要があります。
たとえば、物件の所在地や周辺環境、間取りや設備、予算などが一般的に考慮すべき条件です。
これらの項目については後ほど詳しく説明いたします。

上部へスクロール