名古屋市中区の不動産売却

名古屋市中区の最新情報
人口や再開発の進展、伏見駅周辺の便利さなどをご紹介します。
名古屋市中区は、2023年10月1日時点での人口は99,348人で、世帯数は70,055世帯です。
人口と世帯数の比率からみると、単身者が多いことがわかります。
中区の最新情報としては、栄駅だけでなく伏見駅でも再開発が進んでいます。
伏見駅は、名古屋駅や栄駅から地下鉄で1駅という利便性の高い駅です。
2019年には、伏見駅に駅ナカ商業施設の「ヨリマチFUSHIMI」がオープンしました。
さらに、2023年には総戸数181戸のタワーマンション「タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見」が完成しました。
伏見駅周辺はますます便利になり、今後も人気が続くでしょう。
新築分譲マンションは高額になっているため、中古マンションなどへの流入も考えられます。
名古屋市中区は発展を続けている地域なので、不動産価格にも注目しておくことが重要です。
参考ページ:名古屋市中区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市中区の不動産の相場と人気エリアについて詳しく説明します
名古屋市中区は、東海圏で最も地価が高い相場であり、人気のエリアです。
交通の便がよく、さらにリニア新幹線の開通が控えていることから、地価上昇の可能性も非常に高いです。
2019年時点の地価は727,100円/㎡ですが、今後も人口の増加が見込まれているため、ニーズはますます高まるでしょう。
中区で特に人気のあるエリアは、栄や大須といった繁華街があります。
大型商業施設やオフィスも多く集まっており、再開発も進んでいます。
そのため、相場や不動産のニーズについては常に調査しておくことが重要です。
名古屋市中区での不動産売却における注意点
名古屋市中区は土地の価格が上昇している一方で、住宅よりも商業施設の需要が高いエリアです。
もし住宅の不動産を売却しようと考えているならば、地域のニーズと一致するかどうかを確認しながら進めることが重要です。
住宅として売却が難しい場合は、土地として売り出すことも一つの選択肢です。
不動産の広さや最寄り駅までの距離などを考慮し、高く売却できる方法を選ぶようにしましょう。
また、名古屋市中区は不動産会社が数多く存在するエリアでもあるため、信頼性のある不動産会社や営業担当者を見つけることも重要です。
売却を進める際には、信頼性を見極める努力も必要です。

上部へスクロール