名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と注意点

名古屋市の一戸建ての売却価格の相場と注意点
一度思い入れのある名古屋市で建てた一戸建ての家を売却しなければならない場合もあるかと思います。
そこで、今回は名古屋市の一戸建ての売却価格の相場や、売却に適したタイミングや注意点などについて詳しくご紹介します。
まずは、名古屋市での一戸建ての売却価格の相場を見ていきましょう。
2021年の平均価格は1平方メートルあたり35.34万円であり、2022年には39.91万円となっています。
相場としては上昇傾向にあるため、売却を検討している方にとっては好都合と言えます。
なお、2013年から2022年までの10年間のデータを見ると、名古屋市では1平方メートルあたりの価格が約13万円も上昇しています。
一方で、愛知県全体の平均では約5万円しか上がっていないため、名古屋市は愛知県内でも非常に需要の高いエリアと言えるでしょう。
次に、名古屋市の区ごとの売却相場を見てみましょう。
名古屋市には16の区があり、それぞれのエリアで一戸建ての売却相場は異なります。
2022年のデータによると、最も高い相場が示されたのは「中区」で、1平方メートルあたりの価格は85万円です。
二番目に高いのは東区で、1平方メートルあたりの価格は56万円となっています。
これは、中区が愛知県庁や名古屋市役所がある中心街であり、また地下鉄の主要な路線が通っているため、アクセスの面でも非常に魅力的なエリアだからです。
一方、「港区」は最も安価なエリアで、1平方メートルあたりの売却価格は20万円です。
以上が名古屋市の一戸建ての売却価格の相場及び区ごとの相場の概要です。
売却を検討されている方は、この情報を参考にして良い取引を進めてください。
また、不動産を売る際には注意点もありますので、専門家のアドバイスを受けながら進めることをおすすめします。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
名古屋市港区の魅力と将来性
名古屋市港区は、名古屋市の最南端に位置しており、津波や他の災害のリスクがあることから、人々の関心はあまり集まっていません。
しかしながら、この地域にはレゴランドや名古屋港水族館などの人気のあるレジャー施設もあり、多くの外国人の方々も住んでいます。
また、最近数年間で、港区の不動産価格は上昇傾向にあり、名古屋市全体で一戸建ての需要が高まっていると言えます。
名古屋市港区は、魅力的なスポットや施設が豊富にあります。
レゴランドや名古屋港水族館、名古屋港シートレインランドなど、家族連れや観光客に人気のある場所が存在します。
これらの施設は、地域の観光業にとっても大きな貢献をしています。
また、港区は多くの外国人の方々が住んでいます。
名古屋港が国際貿易や観光の拠点となっているため、多様な文化や言語が交差する地域です。
外国人の方々との交流や異文化体験ができる貴重な機会があります。
さらに、名古屋市全体で不動産市場が活況を呈しており、港区もその傾向に乗っています。
特に一戸建ての需要が高まっており、港区でもその傾向が顕著です。
地域の魅力や交通の便利さ、さらに伸び続ける観光業などが、購入意欲を高めている要因と言えるでしょう。
以上のように、名古屋市港区は津波リスクや外国人の住民が多いという特徴がありますが、それにもかかわらず、魅力的な観光スポットや外国文化を体験できる場所があり、不動産市場も活況を呈しています。
将来的にもこの地域の需要が高まる可能性がありますので、注目すべきエリアと言えるでしょう。

上部へスクロール