公図を取得する方法

公図を取得する方法
公図を取得する手段の一つは、法務局の登記所で申請する方法です。
この方法では、自分が調べたい地番の公図を閲覧することができます。
具体的には、登記所で申請手続きを行い、公図を取得するための料金を支払う必要があります。
一般的には、料金を支払うために収入印紙を貼ることが求められます。
申請の際には、申請書に自身の住所、氏名、閲覧したい地番などの情報を記入する必要があります。
また、もし「証明書」や「閲覧」の申請が必要な場合は、申請書にそれを明示しなければなりません。
具体的には、申請書類の中で「地図・地図に準ずる図面(公図)」の項目にチェックを入れる必要があります。
なお、法務局で申請する場合、用意されている図面の中から「地図」または「地図に準ずる図面」のどちらかを選ぶことはできません。
法務局の登記所で申請することで、必要な公図を手に入れることができます。
参考ページ:土地 の 公 図 と は 法務局やインターネットで無料で閲覧する方法も解説
登記情報提供サービスの利用方法
公図を取得するもう一つの手段は、登記情報提供サービスを利用する方法です。
このサービスは、一般財団法人民事法務協会が運営しており、インターネット上で利用することができます。
公図はPDFファイルとしてダウンロードできるため、法務局に出向く必要がありませんし、手続きも簡単です。
ただし、登記所で取得する場合と異なり、公的な証明書や公印が付属しないことに留意する必要があります。
登記情報提供サービスは、平日の午前8時30分から午後9時まで利用可能ですが、利用するには事前の登録手続きが必要です。
公図の取得には365円の費用がかかります。
登記情報提供サービスでは、一時利用、個人、法人、公共機関の4つのカテゴリがありますが、手軽に利用したい場合は「一時利用」を選択することができます。
一時利用サービスは、インターネットと電子メールが使用可能なパソコンさえあれば、即座に利用することができます。

上部へスクロール