住宅ローン返済費用の計画

住宅ローン返済費用の計画
家を購入する際には、毎月の住宅ローン返済費用がかかります。
この返済は購入した家の完済まで続きます。
住宅ローンの返済期間は通常最長で35年ですが、自分の計画に合わせて返済期間を設定することができます。
ただし、滞納しないようにするためには、家を購入する前から家計管理をしっかりと行うことが重要です。
参考ページ:不動産 中古住宅 住宅ローン以外にかかる費用はいくらかを解説!
返済額の調整方法
住宅ローンの返済額は、ある程度自分で調整することが可能です。
例えば、貯蓄がある場合には、繰り上げ返済をすることで毎月の返済額を減らしたり、返済期間を短くすることができます。
また、ボーナス時加算を止めて毎月の返済のみにすることや、ボーナス時加算の月を変更することもできます。
金融機関によってこれらの対応が可能な場合がありますので、相談してみると良いでしょう。
不動産取得税について
家を購入する際には、不動産取得税という税金がかかります。
この税金は一度だけ納めるもので、取得した不動産の税額によって算出されます。
土地と建物の両方が課税対象であり、税額は取得した不動産の評価額に税率をかけて算出されます。
ただし、新築住宅を購入する場合には、一定の条件を満たせば税額が軽減されることがあります。
さらに、中古住宅の場合には建築時期によって控除額が異なることもあります。
詳細は都道府県税事務所に申告することで確認できます。

上部へスクロール