不動産売却にかかる税金の種類と計算方法 不動産を売却する際には、主に以下の3つの税金がかかります。

不動産売却にかかる税金の種類と計算方法
不動産を売却する際には、主に以下の3つの税金がかかります。
これらの税金を正確に把握することで、効果的な節税策を考えることができます。
1. 印紙税 印紙税とは、不動産などの売買契約時の書類にかかる税金です。
契約書類に収入印紙を貼り、割印をすることで納税します。
印紙税は売却金額に応じて税額が変動し、2024年3月31日までは軽減税率が適用されます。
売却を検討している際は、軽減税率が適用される期間内に早めに売却することがオススメです。
具体的な税額については、金額が細かく分けられていますが、軽減税率が適用される期間内であれば、売却金額が1,000万円から5,000万円の場合は1万円、5,000万円から1億円までの場合は3万円の印紙税がかかります。
不動産を売却する際の収入と比較してみると、印紙税の金額は大きくないですが、しっかりと把握しておくことが重要です。
2. 仲介手数料および司法書士費用にかかる消費税 不動産を売却する際は、自分で買い手を見つけることも可能ですが、一般的には不動産会社に売却を依頼します。
そのため、不動産会社に対して仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料は売却価格に応じて金額が異なり、売却価格が高くなるほど仲介手数料も高くなります。
参考ページ:名古屋で不動産売却にかかる税金は何がある?計算方法や節税方法
また、仲介手数料の上限は法律で定められており、売却価格が400万円を超える場合には、売却価格の3%に6万円を加算した金額に消費税がかかります。
したがって、税金の計算方法は以下の通りです。
売却価格 × 3% + 6万円 = 仲介手数料にかかる消費税の金額 税金を節税する方法としては、仲介手数料を安く抑えるために、複数の不動産会社から見積もりを取ることや、売却価格を減らさずに仲介手数料を下げることが挙げられます。
また、不動産取引に関わる費用をしっかりと把握し、経費として計上することも重要です。
以上が不動産を売却する際にかかる税金の種類や計算方法、節税する方法についての解説でした。
不動産売却を検討している方は、これらの税金を事前に把握し、適切な節税対策を行うことをおすすめします。
名古屋市で利用するなら、ゼータエステートは「売れるまで仲介手数料が半額」のキャンペーンを実施しています。

上部へスクロール