不動産取得税の計算方法

不動産取得税の計算方法
不動産取得税は、不動産の固定資産税評価額に税率をかけることで計算されます。
基本的な税率は4%ですが、店舗や事務所などの建物にはこの税率が適用されます。
一方、土地や住宅用の建物には税率が3%に軽減されます。
一般的に、土地の固定資産税評価額は市場価格の70%程度とされており、建物の評価額は50~60%程度と言われています。
また、居住用不動産には特例が存在します。
特例を適用することで、不動産取得税の額を抑えることができます。
特例の具体的な内容は以下の通りです。
参考ページ:不動産 取得 税 マンション 中古住宅 計算方法と軽減規則について解説
まず、新築の居住用建物の場合、建物の固定資産税評価額から最大1,200万円(もしくは認定長期優良住宅の場合は1,300万円)を控除することができます。
ただし、この特例は床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下の建物に限定されます。
マンションの場合も、専有部分と共用部分の面積を考慮して適用する必要があります。
中古の居住用建物に関しても特例があります。
建物の建築時期に応じて、最大1,200万円を控除することができます。
ただし、この特例も床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下であり、耐震基準を満たす必要があります。
以上が不動産取得税の基本的な計算方法と特例の内容です。

上部へスクロール