不動産の売却理由は大きく分けて5つに分ける事が出来ます

名古屋市不動産売却における査定の依頼時には、なぜ売却するのかを尋ねます
名古屋市で不動産を売却する場合、必ずお客様に「売却の理由」をお伺いします。
当然のことですが、不動産を売却するには理由が必要です。
同様に、購入する場合も同じです。
問い合わせをいただいた方には必ず「購入の理由」をお伺いします。
日常生活でも、休みの日にスーパーマーケットで食料品を買ったり、ドラッグストアで日用品を買ったりしますよね。
また、仕事の時には、お昼になったら近所のレストランでランチを食べたり、コンビニエンスストアでお弁当を買ったりもします。
では、なぜそのような行動に及ぶのでしょうか?それは、理由があるからです。
食料品を購入して調理して食事をするためです。
トイレットペーパーやティッシュペーパーを購入して使用するためです。
お昼ご飯をとるためです。
このように、どんな行動にも理由が存在します。
不動産の売却理由は大きく分けて5つに分けることができます。
まずは、今よりも良い条件に住み替えるための理由や買い替えるための理由です。
次に、不要な資産を処分するための理由です。
さらに、離婚による売却理由や相続による売却理由、そして資金繰りのための売却理由(たとえば住宅ローンの滞納や支払い困難など)があります。
売却理由を見ると、1番目と2番目の理由は、ステップアップのためのものや不要なものを処分するためのものであり、それほど問題はありません。
しかし、3番目から5番目の理由は、別れや債務超過など、あまり良い印象を持たないものが並んでいます。
売却理由を項目ごとに分けると、良い印象を持つものが2つ、悪い印象を持つものが3つとなりますが、実際の売却物件の半数以上は後者の悪い印象を持つ理由に分類されます。
この中で、価格に影響を与える売却理由もあります。
具体的には、人々が心理的に嫌悪感を抱く理由です。
例えば、自殺があった物件や他殺があった物件、そして孤独死があった場合には、すぐには見つからなかったということです。
このような場合、不動産の所有者は既に亡くなっているため、住宅ローン時に加入した団体信用生命保険で支払われ、住宅ローンの残債はなくなるものと思われます。
参考ページ:名古屋市不動産売却|事件や事故の物件売却は販売価格に影響
物件の売却は可能ですが、状況によっては購入希望者が少ないかもしれません
物理的には、事件や事故物件を売却することは可能です。
しかし、実際にそれを購入希望する人がいるかどうかは疑問です。
人々は誰しも、人の死に対して敏感な気持ちを持っています。
だからこそ、こういった事情のある不動産は購入したくないと考える人々がいると思われます。
以前は、自宅で亡くなるという習慣がまだ一般的でしたが、今はほとんど見られません。
最後は病院で亡くなるケースがほとんどだと思われます。
このような状況から、もしこの不動産で病死や孤独死が起きた場合、人々が引かれる理由になると考えられます。
また、もし病死や孤独死が起きた場合、すぐに発見された場合はまだ人々があまり気にしないこともあります。
しかし、数日から1週間ほど経過してから発見された場合、室内の状況が悪化していることがあります。
臭いや体液などで、室内が不快な状態になってしまうため、人々が敬遠する理由にもなるのです。

上部へスクロール