マンション購入のキャンセルには慎重に注意が必要 マンションの購入手続きを途中でキャンセルする場合は、いくつかの注意

マンション購入のキャンセルには慎重に注意が必要
マンションの購入手続きを途中でキャンセルする場合は、いくつかの注意点があります。
特に、売買契約を結んでいた場合には、キャンセルによってペナルティが生じることに留意しなければなりません。
購入申し込みの段階では、キャンセルが可能であるが…
マンション購入における契約解除時のペナルティには注意を払おう
マンションを購入する際の手続きは、購入申し込み、住宅ローンの事前審査、売買契約の締結、住宅ローンの本審査、最終的な決済と引き渡しというステップに分かれます。
購入申し込みの段階では、売主に購入意思を伝えるだけの手続きであり、法的な拘束力はありません。
したがって、この段階ではキャンセルによってペナルティが発生せず、申込金も全額返金されます。
しかし、売買契約を結んだ後のキャンセルには注意が必要です。
売買契約解除時には手付金の放棄が必要です
売買契約を結んだ後のキャンセルは、法的な拘束力が生じるため、ペナルティが発生します。
ただし、このペナルティと言っても、新たな費用が発生するわけではありません。
売買契約時に支払った手付金を放棄することで、任意に契約解除が可能です。
売買契約時に支払われる手付金は、購入代金の5〜10%程度となり、かなりの金額です。
手付金とは、売買契約の信頼性を確保するために、購入希望者が売主に預けるお金のことです。
手付金の金額は数百万円など、大きな額になることもあります。
通常、契約が正常に進行すれば、手付金は購入代金の一部として利用されます。
そのため、数百万円の手付金を放棄することは大きな損失となります。
ただし、手付金を放棄して解約する場合は、売主が宅建業者である場合には「契約の履行に着手するまで」の期限に限られます。
売主が一般の個人である場合には、重要事項説明書や不動産売買契約書に「手付解除期日」が設定されます。
参考ページ:中古 マンション 申し込み 後 キャンセルは可能?ペナルティや再申し込みは出来る?
住宅の購入時に考慮すべき時間枠とペナルティの説明
通常、住宅の購入契約後、約1カ月で引き渡しを行うことが一般的ですが、引き渡しまでに数カ月かかる場合は、通常は中間の日程を設定することがあります。
この場合、契約締結後から引き渡しまでの期間が短い場合よりも長いため、中間日程を設けることで、買主と売主の間に公平な時間枠を確保することが求められます。
さらに、購入契約において、買主が手付金を支払う際に手付金の放棄を約束する場合、一方で「違約金」の支払い義務も発生する場合があります。
違約金とは、契約条件に違反した場合に発生する罰則的な金額です。
この違約金は、契約の内容や法的な規定に基づいて計算され、買主が契約条件を遵守しなかった場合に売主に対して支払われることになります。
このように、住宅の購入時には、特に引き渡しの期間や手付金の放棄、違約金の有無など、慎重に契約内容を確認する必要があります。
購入者と売主の双方が公正な取引を行い、円満な引き渡しを実現するためにも、法的な規定や契約条件を遵守することが重要です。

上部へスクロール