シートに付いた汚れからくる臭い

仕事が終わった後など、汗をかいたままで車に乗ることが多い場合、汗がシートにしみ込んでしまうことがあります。
毎日、このような状態で乗っていると、じわじわと汗や体臭がシートに染み付いて、車内の臭いの原因になります。
汗だけでなく、香水や化粧水などの強い香りも、車の買取査定に影響を与えることがあります。
シートの素材によっても異なりますので、吸収しやすい生地のシートかどうかを確認してみましょう。
車内の臭いの原因として、フロアマットの汚れも挙げられます。
飲食物以外にも、フロアマットが汚れていないかを確認することが重要です。
雨の日などには、靴に付いた泥や水分が、フロアマットにしみ込んで汚れることがあります。
フロアマットを水洗いした際には、急いでいても、完全に乾燥させる前に車内に敷いてしまうことは避けましょう。
湿ったままだと、雑菌が繁殖して生乾きの臭いが発生する可能性が高くなります。

上部へスクロール