エアコンが汚れることによるカビ臭

エアコンを使っていると、突然生乾きのような嫌な臭いが漂ってきた経験はありませんか。
それはエアコン内部にカビが発生しているからです。
エアコンは使用中に結露が発生しますが、その結露にホコリや汚れが付着することでカビが発生してしまうのです。
カビが原因で嫌な臭いが発生するのです。
また、エアコンを使用しながら窓を閉めたままタバコを吸うと、アンモニアやタールといった成分がエアコンフィルターに付着してしまい、臭いの原因になってしまうこともあります。
同様に、車内でも臭いの原因によって対処方法が異なります。
車内消臭を行う際には、それぞれの原因に適した方法を試してみましょう。
車内の臭いの原因を理解するために、日常の車内での過ごし方や習慣を振り返ることも重要です。
定期的に車内の清掃を行うことで臭いが強くなるのを予防できます。

上部へスクロール